ハード ウリン       | ハード アマゾンジャラ(調整束付き) | ラクーナ(調整束付き) | コンセ(ロングバネル) | ラフ | ミニ  

ウッドデッキ 製作体験談、評判

ハードウッド(広葉樹)のウリンを利用したウッドデッキを自分でDIYで作った人たちの話です

施工写真の右文字をクリックするとオリジナルの体験談ページに移動します。

購入者の体験談、感想、評判はすべて原文のままです。50人づつ

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
自分で作れる、以前は芝生で手入れに大変だったが・・・
キッデッキハード/ウリン H101 "No. H101
● 設置場所/奈良県 Aさん宅
● 組立時間/2日
以前は芝生で手入れに大変だったが、やっと開放されました。部材が届くまでに、基礎の束石設置で水平を取った心算でしたが、部材を置いてみると間違っており修正に苦労しました。 私1 人で暇を見て休憩しながら約1 週間です。キットデッキ組み立てのみは2 日ほどですが、手摺を途中でL字に変更しました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
ウリンは堅い堅いと聞いていましたので相当な覚悟をしていましたが、順調に作業することができました。
キッデッキハード/ウリン H102 ●設置場所/神奈川県 Kさん宅
●組立時間/12時間
ウリンは堅い堅いと聞いていましたので相当な覚悟をしていましたが、順調に作業することができました。(もちろん下穴は必要です。)ただやはり重さは相当なもので後で腰が痛くなるほどでした。作業についてはやはり基礎のレベル出しですべてが決まるような感じです。慎重にしたつもりでしたが数ミリの違いは出てしまったようです。それでも何日かして木か束石がなじんできたのかがたつきはなくなりました。

一人で作業しました。夕方の2時間ほどの作業が2日間―束石設置そして丸一日の作業―大工工事(実は若いころに土木、大工経験ありですが・・・)合計12時間くらいかと思います。
ちなみにそのあとの芝生張りとラティス取り付けも1日でした。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
すべて完成し終えたときには、やっぱり感動し、ウッドデッキを製作して良かったと思いました。
キッデッキハード/ウリン H103 ●設置場所/ 兵庫県 Gさん宅
●組立時間/ 2日
家族で実際にショールームに行き、そのときにウッドデッキを見ながら、店員さんに少し話を聞かせていただき、自分でも出来そうな気がして購入を決めました。製作したのは7月の暑い中で、雨は降らなくて良かったんですが、暑すぎてかなり体力は消耗しました。1日目の昼ぐらいから基礎を始め、事前にいただいた配置図を基に、束石を水平に設置するだけでしたが、これがなかなか大変で、その日は基礎だけで日が暮れてしまいました。2日目は朝一からウッドデッキの組み立てを始め、昼前にはウッドデッキの床面は完成しました。ここから少し時間が空きましたが3時ころから手摺りの組み立てに入り、日が沈む前に完成しようと頑張りましたが、横板を仮付けするまでで日が暮れてしまいました。残りは3日目の朝にビス打ちを実施し、約1時間程度で完成しました。ほとんどが一人で実施しましたが、鼻隠しと手摺りの横板を取り付ける時は妻に手伝ってもらい2人で実施しました。すべて完成し終えたときには、やっぱり感動し、ウッドデッキを製作して良かったと思いました。私は素人で実際に自分が組み立てできるか心配でしたので、事前に何度かメールのやり取りをして疑問や分からないところは確認し、また、ウリン材ということもあってカットもしたくなかったのでそれもメールでお願いし、カットせずに組み立てすることが出来て良かったです。また、購入しようかどうしようか迷っていたインパクトドライバーも近くのホームセンターで借りることができました。事前に頂いた配置図をよく見てみると手摺りが窓のサッシに当たることが判明しましたが、組み立て直前の配置図の変更、手摺りのサイズ変更をしていただき無事完成することができました。直前にも関わらずすぐに対応していただき本当にありがとうございました。完成したウッドデッキについては本当に満足しています。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
兄弟や近所の方がDIYで作ったことにみな驚いています。最高のウッドデッキができて大変満足しています。
キッデッキハード/ウリン H104 ●設置場所/ 沖縄県 Iさん宅
●組立時間/ 21時間
沖縄までの送料がかなり高いので発注を躊躇しましたが、中川木材産業さんに配送方法でご配慮していただきました。ありがとうございました。
・まずは、ホームセンターで束石を購入し、デッキの高さを確認しました。
・キットデッキHARDのS-32(間口4053mm 奥行1929mm デッキの高さ:609mmを発注しました。
・家造りの段階でコンクリート土間のウッドデッキスペースは用意してありましたので、束石は、土間の上に直に設置し、奥行き方向は土間の水勾配に合わせました。間口方向の水平出しは特に行いませんでした。デッキの自重でたわんで少々の水平のばらつきは相殺されるのかと期待しましたが、床板と大引にビスを打ち込むとウリン材の床板は非常に堅く、土台、束ごと持ち上げます。12本の束のうち束石との隙間の大きい5本の束は、束石が製品で高さにばらつきがあったので、束石の配置を変えたり、隙間にアルミのプレートを挟んで調整しました。将来やる気が出たら車のジャッキでデッキを持ち上げて束石の下にモルタルを敷いて調整したいと思います。
・対角線の測量による直角の確認がミリ単位で合ったときはビンゴ!でした。(作業は、クランプ等を仕様することにより1人で99%行いましたが、ここで娘にメジャーの一端を押さえてもらいました。)
・奥行き方向の手摺の柱が大引の上に来たので付属の棒ねじでは短く、ホームセンターで長い棒ねじを買ってきて固定しました。
・手摺の笠木のコーナー部分が45度にカットされていましたので良かったです。
・手摺の部材、建物側の床版の角をサンダーで面取りしました。ウリンは堅いので面取りは必要だと思います。作業中に手摺の横ストライプの面取りした角に頭を打ってケガをしました。もし面取りをしていなければさらに傷は深くなっていたかもしれません。
・ドリルで下穴をあける際の木屑取りは、ウリンとウリンで4~5回、ウリンとヒノキで3~4回でした。こまめにリズム良く木屑を取り除くことで作業をスムーズに進めることができました。
・インパクトドライバーのニッカドバッテリー2個では作業途中で切れてしまい中断することがありました。
・沖縄の夏の日差しは非常に強く暑い中での作業でかなり焼けました。(ちなみに夏至の南中高度は87°です。)また、焦るときもありましたが、作る楽しみを味わうのも目的だと、1本1本の座堀り、下穴開け、ビス打ちを楽しみました。
・階段は、別途材料を発注しました。設計、材料のカットから一応本格的な慣れないDIYですので、1基8時間、計16時間とかなり時間を要しましたが、オリジナルの階段ができて満足しています。(材料を丸ノコでカットする際、怖いキックバックを初体験しました。)
・兄弟や近所の方がDIYで作ったことにみな驚いています。私は「プレカットされた部材を組み立てるだけですよ。耐久性の高いウリン材です。」と答えつつ顔は得意満面だったことでしょう。最高のウッドデッキができて大変満足しています。ありがとうございました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
一人で作業したのでかなり疲れましたが楽しんで出来たことと、達成感、出来栄えに大満足です。ホームセンターなどに売っているウッドデッキとは丈夫さが明らかに違うのがわかりました。
キッデッキハード/ウリン H105 ●設置場所/宮城県 Tさん宅
●組立時間/9時間
キットデッキHARDのL-28(間口3553mm×奥行2729mm、縦張り、デッキの高さ400mm)を製作しました。一人で作業したのでかなり疲れましたが楽しんで出来たことと、達成感、出来栄えに大満足です。初日はまず土を数センチ掘って防草シートを敷いて、水平だしをしました。やはりこの作業が最も地味で長時間を費やしましたがここが大事なところだと心に言い聞かせながら何度も何度もトライしてやっと水平がとれました。その後に防草シートの上に砂利をかぶせていきました。二日目は大引きの設置からでした。大引き木材が少し湾曲していたのでここでも束石の微調整を行いました。金具で大引きと束を固定してここでも水平確認を行いました。そしていよいよ床板の設置にはいりました。組立手順書では両端の床板を置いて対角線の長さを測って・・・と書いてありましたが、私は全部の床板を置いてからビス打ちに入りました。運動不足の私にはウリンの床板の移動は重くて(たぶん1セット20キロ以上はあったんじゃないでしょうか?)体が悲鳴をあげていましたが度々休憩をとりながら、なんとか14セット配置完了しました。ここで縦鼻、横鼻がちゃんと着くように床板の位置を微調整をしました。次にビス打ちの練習をしました。ビス打ち用のサンプルで2度ほど練習して本番に入りました。確かに練習しないと無理っぽい作業でしたがここもなるべく傷をつけないように細心の注意を払いながら進めました。一度だけビスがバカになりかけましたが問題ないレベルでした。床板の設置で2日目を終わりました。三日目は縦鼻、横鼻の取り付けからですが1人での作業だったので端を車用のジャッキで支えつつ1本1本確実にビスを打っていきました。これでウッドデッキの完成です。デッキ上を歩いてみたり、飛び跳ねてみたりしましたがホームセンターなどに売っているウッドデッキとは丈夫さが明らかに違うのがわかりました。いろいろと対応ありがとうございました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
材料がとても重く一人で運ぶのは断念し少し手伝ってもらいましたが、作業自体は1人ででき、とても簡単でした。
キッデッキハード/ウリン H106 ●設置場所/ 愛知県 Kさん宅
●組立時間/ 3時間(デッキのみ)
こんにちは、ウッドデッキ完成しました。基礎の束石を12個おくのに1日かかりましたが組み立ては実働3時間程度で完成しました。(暑くて3日に分けて作業)パネルを載せてネジ締めでしたのでとても簡単に作ることができ大変満足できました。ただ材料がとても重く一人で運ぶのは断念し少し手伝ってもらいましたが、作業自体は1人ででき、とても簡単でした

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
キットデッキを選択したことでイメージ通りに完成し大変満足しています。
キッデッキハード/ウリン H107 ●設置場所/ 愛知県 Mさん宅
●組立時間/ 17時間
●一日目
水糸用杭打ち~水盛り遣り方 束石配置 慎重を期して念を入れ過ぎて 4時間も!大引位置合わせ、束石の水準再確認の上、束石周りにモルタル投入 これも念には念を入れて 4時間
●一夜明けて、外周束石に沿ってレンガを配置~内側に雑草止めとお化粧の為、砂利投入 2.5時間これでようやく基礎部を終了、いよいよ組み立てに進む。下穴明け、面取り等々の練習~下穴深さ、面取り深さの適切サイズを検証する。大引き組み立て~配置~床板を慎重に慎重を期して両端を配置固定~全床板張り付け 2.5時間。取り掛かりが遅かった為に暗くなり、本日はここまで。寝転がって星空を眺めしばし感慨にふける!
●一夜明けて、手すりの柱位置を何度も何度も検討を重ねて決定~横板張り付け~鼻隠し張り付け 4時間。ということでとうとう三日がかりで完成となった。 作る過程は楽しみでもあり、一気に作るのも良いがせっかく自分で組み立てるのであるから、時間があれば気が済むまでじっくりと楽しみながら作るのもこれまた楽しいものです。とにかくDIYはそれなりに心得はあるもののデッキ製作は初めてであり、且つ後悔の無いように完成させたいこと、更に位置関係、直角、水平出しも完璧を期したいということを念頭に置いて進めました。発注前には1ヶ月以上もサイズの検討や設置場所、高さなどを何度も何度も検討してそもそもの発注主でもある!?妻ともとも激論を重ね、ようやく意を決して発注。誰しも恐らく一生に一度ですからね。資材到着日に合わせて束石配置まで段取りしておき、スムーズに進める予定だったもののやはり初経験の工作物を失敗の無いように組み立て設置することから、とにかく再確認、再確認そして何も難しいことは無いもののウーム!?ちょっと待てよ、もう一度・・・と何度も何度も考え込み、慎重を期すことが多く予定以上の時間をかけてしまいました。更にウリンを使うことも初めてであり、どの程度手ごわいかの検証から始まり、(想像以上)手すりの組み立てではウリン同士であることの配慮が足りずに下穴不十分でビスが締め付け不十分のまま取れなくなるなどのアクシデントも発生するなど、色々と経験して良い勉強になったと感じています。それでも何とかリカバリしながら完成した時は感慨もひとしおといったところでした。基本的に一度要領を得てしまえば、基礎さえ確立していれば床板張りまでは簡単に組み立て出来ることはよく分かりました。手すりは長さにも依りますが、ここだけは切断も必要でありストライプのピッチアレンジも含めて或る程度技量が問われることとなります。結果としてやはり束石まで出来ていれば半分出来たと言って良いでしょう。そして基礎の地盤、水平、直角に依って出来不出来の殆どが決定すると言って良いはずですから、とことん時間をかけるべきと考えています。今回はキットデッキを選択したことでイメージ通りに完成し大変満足しています。ただ一つ残念なことは、床板が一セットだけ、返りがあまりにもひどく、どうしたものかと何度も考えましたが無理して何とか押さえ込み固定しました。しかし返りが大きいだけではなく捩れもひどいことからこの部分だけ、うんざりする仕上がりとなっています。ウリンであることから或る程度は覚悟していましたが許容範囲をかなり逸脱しているものと感じています。訪問して購入するとすれば当然、これは除外して買います。これに関してのみ期待を裏切られた気持ちです。(残念なご気分にさせてしまうことになり、申し訳ございません。その後床板を交換させていただきました。また、この件につきまして、後日M様より、「一言書き足しただけのことに付いて早速に丁重な対応をしていただき、やはり中川木材さんを選定して良かった!と・・・・」いう本当にうれしいメールを頂戴しました。)
基礎に少し手間をかけた証と、色々の角度から撮影したもの、家族の笑顔付き写真などを添付しておきます。ブロックを仮置きしているところには現在、オーストラリアのユーカリ中古枕木を2本使って階段を作ってあり、イメージ通りに仕上がり、毎夜一人で星を見ながらビールを飲むのが日課となっています。バーベキューも試してみましたが6人まで楽しめることを確認しました。 ( )内は中川木材産業担当者のコメントです。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
出来栄えは素人が作ったにしては十分ではないかと自己満足しています。
キッデッキハード/ウリン H108 ●設置場所/ 静岡県 Kさん宅
●組立時間/ 1日
ほとんど1人で組み立てましたので、かなり疲れました。それに加えて筋肉痛。しかし、出来栄えは素人が作ったにしては十分ではないかと自己満足しています。 苦労したのはやはり基礎。製作途中で何度か手直ししたので、束石と束にすき間ができてしまったところがあります。すき間が大きくなるようならば、デッキの下に入り手直しする予定です。束石はピンころにして正解でした。私のように後から束石を手直しする場合は、小さい束石の方が扱いやすいので良いのかもしれません。 土曜日の午前中にキットを受け取り、翌日の日曜日に完成しました。インパクトドライバーの充電・バッテリー交換のロスタイムを除けば1日で組み立ては十分可能です。対角線の長さの測定と、鼻隠しの取り付け時は2人で行いましたが、基礎も含めその他については1人作業でした。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
練習用のウリン角材が同梱してあったので、ビスを打ち込んでいく感覚が判り、大変助かりました。
キッデッキハード/ウリン H109 ●設置場所/奈良県 Uさん宅
●組立時間/9時間(2人)
まず、練習用のウリン角材が同梱してあったので、ビスを打ち込んでいく感覚が判り、大変助かりました。デッキの組み立ては、寸法図面を見ながらビスを打ち込んでいくだけだったのでとても簡単でしたが、追加で依頼した点検口用の大引きが干渉するところが二か所あり、修正するのに時間がかかりました。鼻かくしは設置場所が狭すぎて取り付けが無理でした。(鼻かくしの材料で、手摺を作ろうと思っています。)全体的には、大変満足しております。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
完成したウッドデッキも非常に良くできていますし、なにより自分で作り上げたという達成感があります。
キッデッキハード/ウリン H110 ●設置場所/ 北海道 Sさん宅
●組立時間/ 6日間 作業中断あり
GW期間中に、キットデッキHARDを完成できましたので、感想と写真をお送りします。 また、誤品に対し、早急に対応していただいたことに感謝します。おかげさまでGW期間中でなんとかウッドデッキを完成させることができました。今では、花や野菜のプランター、洗濯物干しにと活用させてもらっています。製作にあたっての感想は、他の方もおっしゃているとおり、基礎つくりが非常に大変でした。わたしの作ったサイズでは16個の束を使用しますが、その全てを同じレベルに合わせるのに、なんども束をどけて砂利の増減を行うことになりました。 レベルを使っての調整でしたが、それでも2,3個の束が±5mmくらいは狂ってしまいましたが、わたしは大引と束との間にホームセンターで購入したプラ板を入れて大引同士でレベル調整を取りました。キットの中にレベル微調整用にプラ板を用意してはどうでしょうか?あとは、ウリン材がとても硬く、ビス用の下穴を開けるのに何度も切り粉を取り除かなければならなかったこと、インパクトのバッテリーの消耗が激しく何度も充電しなくてはいけなかったこと、無理をしてキリを折ってしまったことなど丈夫さは判りますが、運ぶのも重くて大変ですし加工も一苦労しました。もうひとつ難点といえば、ほとんど全てがカットしなくても施工できるのに、手摺の笠木のコーナー部分だけが45度にカットしなくてはいけないのに疑問を感じます。手摺の位置次第では他の部品もカットが必要になるようですが、それはメールのやりとりで、パターンをお客さんに提示して、決めてもらった手摺をサイズにカットし、図面を添付すればいいのではないでしょうか?ホームセンターなどでカットサービスもありますがサイズが大きすぎて車に積むことも出来ず、自ら丸ノコでカットしましたが、プロの用にはいかず残念な仕上がりとなってしまいました。製作期間は、基礎の下周りに防草シート、砂利ひきを含めてほとんど一人で行い、途中、作業中断もありましたがほぼ6日くらいかかりました。
何点か大変だったこともありましたが、完成させることが出来ました。完成したウッドデッキも非常に良くできていますし、なにより自分で作り上げたという達成感があります。最後になりますが、大変お世話になりました。また機会があればよろしくお願いします。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
図解入りの判り易いマニュアルのおかげでスムーズに、初心者の私でも見事完成させることができました。
キッデッキハード/ウリン H111 ●設置場所/ 長崎県 Tさん宅
●組立時間/ 約3日(2人)
今回、義母宅の木製テラス屋根が老朽化に伴う撤去に合わせて、ウッドデッキの製作を計画しました。ウッドデッキの製作自体初めてなのと、設置場所が遠く正確な寸法が取得できない状況での製作となりました。<
第一日目は束石の設置(犬走り併用のため6箇所)ですが、水平と建屋に対しての直角を出すのが一苦労でしたが、何とかクリア。キットデッキは横方向の直線さえ意識すれば、縦方向はあまり気にしなくても良いので比較的楽でした。2日目からは、いよいよ束、大引の設置→床板パネルの固定→鼻隠しの固定と行程がありますが、組立マニュアルを見ながら比較的スムーズに作業を進めることができました。束、大引の設置はマニュアルでは、大引接合金物が同一方向から当てるようになっていましたが、気分的に気になるので真ん中の金物は逆方向(裏)から当てるようにしました。(金物強度からみて同一方向からでも問題は無いが)床板パネル固定にて、短い黒ビスを間違って使用し途中で入れ替える羽目になってしまいましたが、ビスの袋の表示をもう少し大きく判り易くしてもらえると有り難いのですが・・・(2人作業だとこんなことが起きやすいのかな)全体として、現地での改造が必要かなと思っていましたが、寸法的にも問題なく犬走り側の束柱を17mm短くするだけですみました。(ラッキー)天気も良く、図解入りの判り易いマニュアルのおかげでスムーズに、初心者の私でも見事完成させることができました。強度的にも、象が踏んでも壊れないほどです。(笑)かなり古い家で、ウッドデッキが目立ちすぎるのでは?と思いましたが、製作者の欲目で全然問題ない出来です。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
重量感があり満足しております
キッデッキハード/ウリン H112 "+++設置場所/ 群馬県 Kさん宅
●組立時間/ 2日
基礎のレベルを合わせるのに苦労しました約1日です。組立に1日です。大変かと思いましたが、意外と簡単に完成しました。1人で行いました。完成後の基礎調整も出来るので良かったと思います。重量感があり満足しております

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
素人でもマニュアルがあれば十分組み立てできました。4月に張った芝生も生え揃ってきたので、デッキとあわせて庭の雰囲気が非常によくなり、家族で大変満足しています
キッデッキハード/ウリン H113 ●設置場所/ 奈良県 Nさん宅
●組立時間/ 2-3日
ゴールデンウィークの目玉としてはじめて大掛かりなDIYに挑戦しました。昨年新築した自宅の庭に、4月から芝生を張り、あとはデッキをつくるだけの状態でWEBサイトを調べていました。全くの素人なので木材がカットしてあり組み立てが比較的簡単なもの、材質はメンテナンスに手の掛からないウリンという2つの条件で探していたところ、御社に注文することに決めました。ゴールデンウィークも仕事が間に入っていましたので作業できるのは3日間だけでした。まず、事前に束の配置図をメールしてもらい、約半日で束石を用意しました。きちんと長さを図ったつもりでも少しずれてたり、高さはどうしてもタテヨコうまく揃っていなかったので、後日組み立て時に一列やり直しとなりました。この束石の高さを揃える作業が一番大変でした。材料も希望どおりに到着し、組み立て開始しましたが、素人でもマニュアルがあれば十分組み立てできました。ただ、ウリンなので穴あけはスムーズというわけにはいかず、同梱されていた専用のキリ付きドリルのキリを固定するネジがおかしくなり、急遽新しいものを近くのホームセンターで購入するというトラブルも発生しました。最後の鼻隠しを固定する作業は1人ではできなかったので、嫁さんに手伝ってもらい完成しました。延べ3日間を費やすことになりましたが、トラブルがなければ束石から鼻隠し固定までトータル丸2日で完成というところでしょうか。いまでは、4月に張った芝生も生え揃ってきたので、デッキとあわせて庭の雰囲気が非常によくなり、家族で大変満足しています。どうもありがとうございました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
最初に作ったキットデッキハードはグレーっぽく変色し、しぶくなっています。
キッデッキハード/ウリン H114 ●設置場所/ 大阪府 Aさん宅
●組立時間/ 5日  
最初に作ったキットデッキハードはグレーっぽく変色し、しぶくなっています。基礎が一番面倒な作業でした。下穴あけ、ビス打ちも苦労しましたがステップ用のデッキを作るころになって、専務が言われた”いかにドリルで下穴をあける際に木屑を取り除くか”という意味がやっとわかり、下穴をあける際、面倒でもこまめに抜いて、ドリルについた木屑を 取り除くようにしたのでビス打ちも楽になりました。組み立て時間は延べ約5日です。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
上々の出来上がりと思います。
キッデッキハード/ウリン H115 ●設置場所/愛知県 Sさん宅<
●組立時間/ 9時間 
寒い中、製作を行いました。簡単に終了させるため、あらかじめ土間コンを施工し、水平出しをした土台に基礎パッキンを購入して作業開始しました。判りやすい説明書のおかげで大方スムーズに進みましたが、直角取りの時、左右対角線で3cmほど違っていたのを「まあいいや」と作業を続行したら最後の袴取り付け時に正面が板同士の段差でガタガタになり、電ノコとノミで何とか面だしを行い、袴を取り付けました。また、ドリルでネジ下穴を開ける際、途中でドリルが折れてしまって、ホームセンターに購入に行きました。通常ドリルを使ったところ、途中で焼きつき、抜くのに難儀しました。そのため、根本が6角チャックが付いたドリルを購入し、続行しました。「ウリン」はとても硬く、ドリルに詰まったカスを何度も取りながら作業を行いました。作業時間はトラブル含め、2日間で合計9時間ぐらいです。設置後にピアノの搬入があり、強度上心配でしたがビクともしませんでした。また、年末の大雨で写真のようにウリンの色素が流れ出しましたがすぐに取れました。写真は大雨後の厳しい冬型気圧配置による、雪が舞っている状態です。作業は小さなお手伝いさん?が付きながら行いましたがほぼ1人です。上々の出来上がりと思います。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
インターネットの情報だけで購入してしまったので、正直不安もありましたがホームセンター等の物と比べると品質・価格ともに大満足!自信をもって人に薦められるウッドデッキです
キッデッキハード/ウリン H116 ●設置場所/ 長野県 Hさん宅 
●組立時間/ 8時間 2人
我が家の場合、ズボラな性質から後々のメンテナンスが心配だったこともあり、中川木材産業さんのWEBサイトでキットデッキHardを見つけると、早い段階から購入の意思は固まりました。
しかし購入決定の後が長く、設置サイズと手摺で大いに悩みましたが、メールでの見積もりや図面添付など素早い対応がとても信頼できるものだったので安心して発注できました。また、GW期間中に作業をしたかったため、納期(約十日)ぎりぎりの発注でしたが素早く対応していただいたおかげで、無事期間中に作業が完了し、完成したばかりのウッドデッキでGWを楽しく過ごすことができました。<
分かりやすいマニュアル・加工精度の高さ・簡単かつ素早い組立てのための小物たちのおかげで、DIY初体験の私と手伝いの父でも正味1日で理想のウッドデッキを作ることができました。<
インターネットの情報だけで購入してしまったので、正直不安もありましたがホームセンター等の物と比べると品質・価格ともに大満足!自信をもって人に薦められるウッドデッキです。
http://csr.sakura.ne.jp/wood/< ←Hさん個人のホームページ

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
今回プロにしか売らないというのを承知で買いましたがほんとに難しかった。ウリンでなおさら。 でもなんとか完成。
キッデッキハード/ウリン H117 ●設置場所/ 3日間<
●組立時間/ 大阪府 Sさん宅
おかげさまで7月29~31日でデッキは完成しました。この暑さの中じゃバテると思い月曜も休みをとっていて大正解でした。では今回ウリンデッキを造り、気づいた点・感じた点を書きます。1.やはりウリンは硬い・重いが最初の感想。 2.今回インパクトドライバーはこのために新品を買いました(12800円・外国製・充電パック2個付き) がやはり充電パックは2個が重宝しました。1個では1日分は無理です。ウリンは硬いので電池が減るのが早い。何度も充電待ちが生じるとおもいます。3.道穴をあける際、ウリン-桧は3.5㎜のドリルで良いですが、ウリン-ウリンの場合ビスが途中で止まり、ビスのビット穴がつぶれひどい目にあいました。4㎜のドリルを持ってきて頂き道穴とビスの皿穴を別々にあけて、なんとか固定できました。 「ウリン-ウリンをドリルで穴あけしてるとドリルの溝にウリンが詰まり、進まなくなり煙が出てきます。 しょっちゅう溝のウリンを掃除しないといけません」ですが4㎜のドリルをウリン-桧に使ってはいけません。 道穴が太すぎるのか、あっという間にビスが入り、固定があまいのではと思う箇所がありました。4.ビスのビット穴がつぶれやすいのでは?「インパクトの構えが悪いとテキメンで<
す。あくまでも素人の立場ですが」5.今回床はキットなので切断は工場でしたが、追加のクロス手摺とステップはユーザーでとゆうことで挑戦しましたが手ノコじゃとてもじゃありません。2回手摺の笠木を切った時点で断念。しんどいし、切り口はガッカリ、素人じゃ 丸ノコも危ないし、私は寸法を取って工場へ伺ったけれど他にいい方法はないのでしょうか?6.クロス手摺は難しい。今回プロにしか売らないというのを承知で買いましたがほんとに難しかった。ウリンでなおさら。 でもなんとか完成。後悔はしてません。 長々とすみません。今後の製品の向上にと思い送ります。では失礼します。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
しっかりしたものができ、部材も高級感があり、大変満足しております。
キッデッキハード/ウリン H118 ●設置場所/ 埼玉県 Aさん宅
●組立時間/ 1日半 
端材を受け取り修理しました。いろいろありがとうございました。 しっかりしたものができ、部材も高級感があり、大変満足しております。 雨の中断等もありましたが、実質1日半で完成しました。なお、手摺は市販品のラティスを白く塗り、取り外しできるようにしてあります。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
文章なし
キッデッキハード/ウリン H119 "No. H119
●設置場所/大阪府
試験販売で組立てをしていただいたお客様です。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
文章なし
キッデッキハード/ウリン H120 "No. H120
●設置場所/大阪府
試験販売で組立てをしていただいたお客様です。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
自分の施工のまずさは別にして、製品及び出来上がりにはたいへん満足
キッデッキハード/ウリン H121 "No. H121
●設置場所/京都府 Kさん宅
試験販売で組立てをしていただいたお客様です。
テスト用の木材で穴あけとビス止めの練習をしました。穴あけは相当に堅くなかなか開かなくて、やっとあけてビスを入れようとしましたがこれも完全に入りきらず頭が出た状態でつぶれてしまいました。最初は何も考えてなくて家にあるドリルを使ったのですが、よく考えるとパワー不足ということがわかりました。家のドリルは最大トルクが6.4Nmでしたが、ホームセンターで借りてきたものは78.4Nmでかなり違いましたが、これくらいのトルクがないと無理だと思いました。ドリルを替えると上手くできるようになり、だんだん感覚もわかってきました。ただどうしてもネジの頭が出るのを避けるために深く穴をあけてしまいがちになってしまいます。試してみて感覚を覚えるしかないのでしょうが、なかなかちょうどにするのが難しかったです。あとは特に難しいところもなく普通にできたと思います。うまくできない部分は私が不器用なためということだと思います。材料のほうは、床板が一枚少し反っていたように思いますが全然問題はなかったです。穴をあけるのもかなり堅いところや比較的柔らかいところやいろいろありましたが、何とかできました。本番では、錐が折れたり、ネジ山がつぶれるようなことは一度もありませんでした。あと材料がなかなか重いので、ちょうど帰省していた息子と娘にも手伝わせて作りました。特に前の鼻隠しを取り付けるときは人手がいりました。いちおう5日には完成しましたが、これだったら一般向けにも十分わかりやすく作ることができると思います。ただ私はマニュアルを丁寧に読まないタイプの人間なので失敗が多く、鼻隠しのネジの位置を間違えてしまいました。自分の施工のまずさは別にして、製品及び出来上がりにはたいへん満足しています。本当にハードウッドデッキにしてよかったと思います。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
出来上がったフロアは思っていた以上に広く舞台の様に感じたのが実感です。
キッデッキハード/ウリン H122 ●設置場所/大阪府 Sさん宅
●組立時間/12時間 
キットデッキハードウッドL-26を設置したいが為、雨の中、中川木材産業さんに出向き、見て触って聞いて納得してその日のうちに発注しました。納品が1週間後ということなので、その日までに基礎の準備をしておくこととしました。そもそも導入の動機は、ボックスガレージの上に庭があり土厚も10cm以下で芝の生育が悪いのと草取りに負けてしまったからで芝の面積を減らすことにもありました。 束石の設置ではかなり時間を費やしましたその原因は、スペースの半分がボックスガレージの上部で水はけの為、勾配がつけてあったので各種ゴム板で高さ調整をしなければ水平が確保出来ませんでした(ほぼ自分では完璧)。 納品予定時間(PM1:00)通り到着、予め専務さんには敷地は高低差があることを伝えてありましたのでクレーン車で来ていただいたのは有難かったのですが、上までは無理と言われがっかり、まだ階段の途中に降ろす事が出来ましたので助かりました。設置場所までの運搬には参りました  重い!!  手伝おうか?といってくれた嫁全く役にたたず その日の内に大引きの設置・両端パネルの固定で直角出しまで完了!思っている以上にはかどりました。一応念の為水平がとれているかゴルフボールを置いてみたら、自然とボールが転がっていくではありませんか! 再度ゴム板で調整するるはめとなってしまいました。<束石設置時そんなに神経質ならなくても、とこの時感じました>翌日風と雨の最悪のコンデションの中、幾度の中断を挟み1人で12時間程で完成しました。出来上がったフロアは思っていた以上に広く舞台の様に感じたのが実感です。1本の硬い手摺柱のおかげでキリ2本・ビス1本折損のトラブルがありましたが、何とか対応出来ました。 夜遅く帰ってきた息子 《ここで何すんの?》   思わず私・・・・・・・・・・??

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
部屋からのつながりが出て、デッキのスペースでいろいろなことをやろうと楽しみが増えました。非常に満足です。
キッデッキハード/ウリン H123 ●設置場所/ 東京都 Yさん宅
●組立時間/ 6時間
8畳ほどの広さの庭に設置しました。部屋からのつながりが出て、デッキのスペースでいろいろなことをやろうと楽しみが増えました。非常に満足です。
製作は一人で一日がかりでした(6時間)。束石の設置が大変でしたが、デッキの組み立て自体は非常に簡単でした。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
地面が少し傾斜しているのでそこらへんのビミョウな設定に夫婦でイライラしながら束石の均等、長さの計算等をしました。が 出来上がってみればそんなに神経質にならくてもよかったかな?と思います。
キッデッキハード/ウリン H124 ●設置場所/ 京都府 Nさん宅
●組立時間/ 5日
この度はデッキの件で大変お世話になりました。お知らせするのが遅くなりましたが何とか出来上がりました。8月7日にキットデッキが届き、翌日から3日間続けて取りかかり10日に出来上がりました。束石の設定に苦労しました。地面が少し傾斜しているのでそこらへんのビミョウな設定に夫婦でイライラしながら束石の均等、長さの計算等をしました。が 出来上がってみればそんなに神経質にならくてもよかったかな?と思います。ビミョウな差はデッキの重みがカバーしてくれました。現在ギクシャク・ガタガタなど全然ありません。製作にあたり主人はインパクトドライバーを購入しました、やる気満々です。この先ドライバーがムダにならないよう次はデッキに手摺りを付けたいな~、なんて思っています。トータル・・・束石設置等に2日、デッキ取り付けに3日、出来上がりまでに大人2人で5日間かかりました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
完成したデッキはホームセンターで売られているものや他のキットデッキ等に比べて重厚感があり満足しています。また、手摺の横ストライプも他には見かけないデザインで気に入っています。
キッデッキハード/ウリン H125 ●設置場所/岐阜県 Nさん宅 
●組立時間/1人/ L-26 基礎2日 組立て2日  S-14 基礎1日 組立て1日  
キットデッキHARDのL-26(3303×2729、メインデッキ)とS-14(1803×1929、ステップ用)を7月末に購入しました。 メインデッキのほうは8月中に完成したのですが、夏の暑さに負けて残りのステップは涼しくなってからということに・・・。10月になって作業を再開し、ようやく全て完成した次第です。そのような訳でご報告が遅れてしまいました。 ステップ用として一番小さなS-14を購入したのですが、作成する際に仮組みして眺めてみると、大きすぎて見た目のバランスが悪いと感じました。そこで、床板7セット中4セットのみを使用して横張りとし、大引きと鼻隠しを切断してサイズを調整しました。現在、余った床板にウエスタンレッドシダー材を追加してガーデンテーブル&ベンチセットを製作中です。 御社のホームページに“手摺を設置する場合はのこぎりが必要”とあったので予め購入していたのですが、送られてきたセットは既にコーナー部分の斜めカットが施されていたため、使用する事はありませんでした。(結果的に、ステップの設計変更とテーブル&ベンチ作成の際に活躍する事になったので良かったのですが・・・。) 真夏の日差しの中での束石の設置には気が遠くなりましたが、完成したデッキはホームセンターで売られているものや他のキットデッキ等に比べて重厚感があり満足しています。また、手摺の横ストライプも他には見かけないデザインで気に入っています。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
素人仕事でも製作できるウッドデッキ、最高ですね!
キッデッキハード/ウリン H126 ●設置場所/ 兵庫県 Mさん宅
●組立時間/30時間ぐらい(1人、最終工程を2人で)
お世話になります。この度、念願のマイホーム購入を叶え、妻の趣味であるガーデニングの一環で人生初のウッドデッキ製作にチャレンジ!いたしました。いかんせん素人の初仕事、本当にできるのかなと不安だったのでHP拝見後、ショールームにも足を運びましたが、専務さんの親切・丁寧な対応と「簡単ですよ~」の一言で購入を決めました(^^)。図面を作ってもらい、いざ束の高さを測る段でまず問題発生!工務店に土間コンクリートを打ってもらってましたが、二方向に傾斜がついており束の高さ計測がかなり難しく、測った数値にまったく自信を持てませんでした。これが最後の最後まで尾を引っ張るとはこの時は予想もできず・・・。商品を届けてもらい、よしやるぞ!とまたまた問題発生。ホームセンターでレンタルした、インパクトドライバーの能力が非常に弱く、近隣の各店舗にも問い合わせをかけましたが、ほとんどレンタルしてないとの事でとりあえず非力なドライバーで作業を開始いたしました。まず束と大引きの固定でやはりそれぞれの束の高さに狂いが発覚!専務さんより硬質ゴムを使ってバランスを取ればいいと当初聞いていたのでそれで何とか対応。続いて床板パネルの取り付けでやはりドライバーの力不足から時間がかかる上、ビスの頭をつぶしたりと失敗の連続・・・。このままではえらい日数かかるな~と大反省し、十分な能力のインパクトドライバーを購入いたしました。ここからの作業スピードは飛躍的に進歩しましたが、パネル取り付け完成後、束のバランスがまたもや狂い、またまた硬質ゴムを使ってのバランス取りをする羽目となりました。束の高さ計測は非常に大事な事ですね!最後の鼻隠し取り付けはさすがに一人では出来ず、妻に助けを借り、何とか無事完成することができました。週末の作業、天候不順もある中で延べ5日間ほどかかりましたが、非常に満足しており、またデッキを追加製作しようかな~と次の試みも考えている次第です。素人仕事でも製作できるウッドデッキ、最高ですね!

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
ホームセンターで売られているウッドデッキに比べたら強度もかなりしっかりしたもので、数段立派なものができました。
キッデッキハード/ウリン H127 ●設置場所/岐阜県 Yさん宅 
●組立時間/ トータル20時間程度 
(KITDECK HARD S-24 3053×1929㎜)
基礎14時間/塗装2時間/組み立て 4時間
製作人数:1人(デッキ組み立て時2人)  
基礎
基礎の設定にかなり時間がかかりました。水平をとることがなかなかできず妥協したまま組み立てました。結果的にデッキ自体の剛性と重さがあるため神経質にならなくても良かったと感じました。
塗装 
メンテナンス不要のウリンということでしたが、どうしても家具に色合いを合わせたくてキシラデコールのウォルナットを使用しました。
組み立て
組み立て時は助っ人の手をかり行いました。休憩を入れながらでしたので、約4時間かかりましたが楽しく作業を行いました。ただ一つトラブルが!!最終段階で前鼻隠しを取り付けようとしたらなんと、木材の長さが数センチ短かったのです・・・結局その日には完成まで至りませんでした。しかし連絡と取ったところ、迅速に対応していただき翌日には発送していただけました。(デッキ前に置いてあるのは短くて使用できなかった木材です)
感想
作成に不安もありましたが、結果的にとても簡単に出来上がるものだったと思います。ただ初めての作成となると基礎や組み立てに慎重になってしまい必要以上に時間がかかりました。途中トラブルもありましたが、その後は迅速に対応していただき中川木材さんで本当によかったと思いました。また、ホームセンターで売られているウッドデッキに比べたら強度もかなりしっかりしたもので、数段立派なものができました。現在はウッドデッキ周りをDYI中です。今年の夏には昨年生まれた娘がお庭デビュー予定ですので楽しみです。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
わかりやすい設計図、説明書があり素人の私にも不安なく取り組めました。
キッデッキハード/ウリン H128 ●設置場所/京都府 Sさん宅
●組立時間//1週間/1人>
去年の5月中頃にキッドデッキHard S-24を購入、製作にかかりました。ウリンは非常に硬い木材と聞いていたので事前にネット等で情報を収集し作業にかかりました。よく言われるのがインパクトドライバーの能力不足ですが、知り合いの大工さんに電気式のインパクトドライバーをお借りしたので、問題なく作業できました。一番難しかったのはやはり水平出しだったと思います。事前に土間コンクリートを施工してもらってたんですが、10度程度の傾斜がついていたため結果として束との間に隙間ができました。隙間には硬質ゴムを使用し全体のバランスを整えました。作業自体は一人で行い雨等で出来ない日を除いても実質一週間ぐらいで完成しました。完成報告が遅くなったのはステップを追加で製作し完成したら報告しようと思っていたからです。でも現実は、予算の都合で・・・現在休止中です!今年こそはステップを製作したいと思います。いろいろ書きましたが、購入前から親身にメール等でアドバイスしていただき、またわかりやすい設計図、説明書があり素人の私にも不安なく取り組めました。今年もお世話になると思いますがよろしくお願いします。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
期待していた通りの良い雰囲気のウッドデッキが出来て、満足しております。
キッデッキハード/ウリン H129 ●設置場所/埼玉県 Hさん宅
●組立時間/施工時間について(デッキのみ:3時間) 
 皆様報告されている通り、束石の設置に時間がかかりました。 束石は、全部で6個でうち3個を羽子板つきを用いました。 羽子板付きを使った理由として、奥行きが774mmと狭いので片側に偏って人が乗ったときに、ひっくり返る恐れがあるかもしれないとアドバイスを頂いたからです。 真ん中の羽子板付束石で、建物とデッキとの隙間を決めるために何度も束石の位置を変更しました。結局、時間にして8時間ほど(2日にかけて実施)かかったと思われます。 *羽子板用のネジは、別途ステンレスネジを自分で用意しました。
B:ウッドデッキ
 床板材が重くて、一人では持ち運べなかったので、助っ人(1人)を呼びました。 反りがあるので、床材間の隙間が均等になるように床材の位置を変更しながら 作業を進めました。 また、最後につける側面の花隠し(ハナカクシ)の取り付けは、支えながらネジを入れる必要があったのでかなり重くて大変でした。 途中、インパクトドライバーのバッテリーが切れたりしましたが、約3時間で、ウッドデッキ組み立てが出来ました。 *練習用のキットが付いており、本番前に、実際に下穴をあけて、皿溝掘って、 ネジを入れる一連の手順を練習出来たのは、非常に良かったです。 そのおかげで、本番で失敗せずに、スムーズに作業を進めることが可能でした。  期待していた通りの良い雰囲気のウッドデッキが出来て、満足しております。 妻も5ヶ月の娘とくつろげそうだと喜んでおります。 今のデッキの色も良いですが、時間と共に色が変化していく(シルバーグレー)のがとても楽しみです。  また、素人の私に、メールやTELで色々と親切に説明して頂き、ありがとうございました。
湿気対策のために、デッキ下に防草シートを設置した方が良い、とか 束石の設置についてのアドバイスありがとうございました。よいウッドデッキをありがとうございました

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
製品については、ホームセンターのものを買わなくてほんとに良かったと思うほど良いものでした。本当に満足しています。
キッデッキハード/ウリン H130 ●設置場所/茨城県 Tさん宅 
●組立時間/基礎製作:大人1人(地面堀時のみプラス大人1人幼児2人)6時間/ 組み立て:大人1人8時間 
ゴールデンウィークを利用しての始めてのウッドデッキ製作なんとか無事終了できました。予定では1日半程度を目標にしていたのですが、最初の基礎の地面堀りにて異常に大きな石の抵抗を受けぜんぜん進まず大引の設置までで1日半を費やしてしまいました。その後は割りと順調に進みなんとか完成に至りました。本当はすべて1人での作業を予定していたのですが、地面堀り及び異常な石の大群との格闘は家族総出での戦いとなってしまいました(笑)製品については、ホームセンターのものを買わなくてほんとに良かったと思うほど良いものでした。本当に満足しています。追伸:完成の写真ですが、出来た事への満足のあまり、汚れている事も気づかず夢中で撮ってしまったものです、本メール作成して気づいたのですがそのまま送らせて頂きました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
取扱説明書で十分理解できました。わかりやすかったです。
キッデッキハード/ウリン H131 ●設置場所/神奈川県 Sさん宅
●組立時間/2日
作業時間ですが9時から16時まででお昼と10時15時のお茶をとり、まる二日で完成いたしました。
取扱説明書で十分理解できました。わかりやすかったです。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
重量感と厚みはホームセンターで売られているものの比ではなく、質といい、価格といい、非常にお値打ちだと思います。
キッデッキハード/ウリン H132 ●設置場所/神奈川県 Iさん宅
●組立時間/妻と2人で基礎作りに3時間、後の組み立ては1人で3時間くらいでした。   
少しトラブルはあったものの、迅速にご対応いただき、思ったよりも早く簡単に作ることが出来ました。 敷石の水平取りなどの基礎にはあまりこだわらなくても、デッキの重みと剛性で案外と立派に完成するような気がします。 重量感と厚みはホームセンターで売られているものの比ではなく、質といい、価格といい、非常にお値打ちだと思います。 これから色も徐々になじんでくると思うので、10年、20年、30年と長いお付き合いが出来そうです。 家族一同、良い買物ができたと喜んでいます。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
御社にてお願いしてよかったと思っています。 ありがとうございました。非常に良いものができました。
キッデッキハード/ウリン H133 ●設置場所/宮城県 Kさん宅 
●組立時間/7時間×3日程度 父と2人  
完成にはかなり満足しております。 やはり皆さんが言っているように水平をとるのに時間を費やしました。 1日目は雨、2日目はかなりの暑い日と天候条件が悪かったのですが、 何とか完成させることが出来ました。 御社にてお願いしてよかったと思っています。 ありがとうございました。非常に良いものができました。改めて御礼を申し上げます。 今後ともよろしくお願いいたしま

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
何かと不安な点もあり、注文するまでも、ずいぶん悩み検討した上での申し込みとなったので、出来上がった時の喜びは、相当なものでした
キッデッキハード/ウリン H134 ●設置場所/北海道 Kさん宅 
●組立時間/12時間
『今回は、初めてのウッドデッキの製作ということで、何かと不安な点もあり、注文するまでも、ずいぶん悩み検討した上での申し込みとなったので、出来上がった時の喜びは、相当なものでした。注文するまでも、何度も何度も、中川木材さんへの問い合わせをさせていただき、十分に不安が解消した上での製作だったので、とても楽しく、作業出来ました。商品の質問や、注文までは、主に私が担当し、組み立ては、主人が中心になって取り組みました。束石の設置に約6時間(この作業の前に何日もかけて、地面を平らにする作業は少しずつ進めていました。)、キットの組み立てに約6時間かかって、合計で約12時間ほどで、完成にいたりました。作業のほとんどが、主人と二人で行いましたが、途中、二人の方が手伝いにきてくれました。皆さんの感想の通り、やはり束石の設置に神経を費やしましたが、デッキの重さで、小さなズレは気にならないという意見もあったので、結構、適当にやったつもりだったんですが、それでも束石の作業が、大変でした。
束石の設置さえ出来てしまえば、キットを組み立てるだけ・・・と、思っていたんですが、ここからも、やはりそれなりに神経を使う場面がありました。床板を打ち込む際に使うスペーサーが入っていたんですが、そのスペーサー通りに隙間をあけていくと、どうしても最後の隙間が大きくなってしまい、スペーサーだけでは、上手くいかず、あとは目検討で隙間を合わせ、床板を打ち込みました。あと、もう一点残念だったのが、鼻隠しです。側面の鼻隠しは問題なかったのですが、全面の鼻隠しが長さも長かったせいか、木材のソリがひどく、デッキに打ち込む際に、結局パワー勝負的な状態になってしまい、なんとか、ソリを馴染ませながら打ち込んだんですが、木材に大きなヒビが入り、一部かけてしまいました。かけた部分は接着剤で応急処置はしましたが、結構目立つ状態なので、そこだけが残念でした。結果的には、十分満足いく出来上がりで、晴れた日には、毎日、息子と犬たちと楽しく使っています。どうもありがとうございました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
初めて電動工具を使いましたが、本当に楽しく製作することができました。
キッデッキハード/ウリン H135 ●設置場所/奈良県 Kさん宅
●組立時間/1台目3日 2台目1日
ウッドデッキをつけたいと思いたって、いろいろ探した結果、皆さんの製作写真、感想をみてこちらのウッドデッキにするとに決めました。購入に至るまで、何度も何度も問い合わせさせていただきましたが、すごく丁寧にわかりやすく返答していただき、信頼できるな~と思いました。何度も、想像をふくらませて考えた結果、2台を段差で取り付けることにしました。製作にあたっての感想は、皆さん書かれていますが、やっぱり基礎が一番大変で時間がかかりました。しっかり水平をとったつもりでしたが、少し誤差が出てしまったので、ゴム板をかましました。デッキを取り付けたい場所に雨水の排水管があり、排水管は邪魔で、この場所に取り付けるのはあきらめようかと思いましたが、何度も相談させていただき、本当に親切に対応していただけ、ぴったしカットしていただけて、思い通りデッキを取り付けることができました。細かいところは、雑ですが満足な仕上がりになりました。初めて電動工具を使いましたが、本当に楽しく製作することができました。またデッキを追加で取り付けるとしたら、絶対にこちらでお世話になりたいと思います。本当にお世話になりました。短いですが、感想を送らせていただきます。ありがとうございまし

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
成したウッドデッキは見栄えも質感もかなりハイレベルで、とても満足のいくものでした。苦労した手摺りの横木も美しく、道路からの目隠しになり、やっぱりこっちを選んで正解だと思いました。
キッデッキハード/ウリン H136 "おまけphoto:早速デッキと家の隙間に住人が・・・・!?
各WebのTOPに戻ります
・ウッドデッキと四季の樹木
・ウッドデッキ発信基地
・・キットデッキハードTOP
・ウッドデッキと木物屋Yahoo
・ウッドデッキと木物屋 楽天
設置場所/岡山県 Nさん宅
●組立時間/基礎:二人、4時間 デッキ:二人、10時間 手摺り:二人、6時間
夕方、雨の中荷物が届く。小雨になって良かった・・・23個口。過不足なし。早速、翌日の組立に備え、取り説を確認。付属の練習用木材にビスをねじ込んでみる!っが入らない。うちのインパクトでは途中で止まってしまうではないか。近所のホームセンターに電話で尋ねるが「レンタルはございません」とのこと・・・仕方なく、家を建てていただいた工務店さんに貸してもらうことに。基礎(束石)はデッキの高さを確定するため、注文前に購入、設置しておいた。庭がフラットでないため苦労して水平を出し、施工当日を迎えました。(束石設置約4時間)午前中、工務店へインパクトを借りに行く。そこでも「ウリンは手強いよ」とのお言葉。「とりあえずやってみます!」と返事し帰路に。13:00さあ製作開始。束石の周囲に防草シートを敷き、砂利を敷き詰める。砂利が足らずホームセンターへ。束に接合金具を取り付け束石の上へ、大引を乗せて位置決め穴開けそして接合。3本の大引は全て水平。完璧だと思いながら床板をのせてみると・・・真中の大引きと床板の間に空間がぁ。ここで大雑把な私は、束石を置き直す手間を省き、束石と束との間にゴム板をかますのでした。その上直角をとってみると、これがまた少々歪んでいて、直角にすると一番外の束が束石のセンターに来ない!…束石にのってないわけではないし、落ちそうなほど端にあるわけでもない。OK OKと自分にいい聞かす。とりあえず床板を並べてみる。おぉいい感じだ。とりあえず直角を・・・この時点ですでにかなり疲労、その上持病の腰痛も出てきた。18:00本日はここで終了を宣言(ギブアップ)。中一の息子と嫁さんがちょくちょく手伝ってくれてここまでか。今日はウリンの穴あけも設置もなく、楽なはずなのに・・・朝から雨。小降りになるのを待って、10:00作業開始。デッキ上は水が浮いていたが、雑巾で拭くとどんどん乾いていく。水がしみ込んでいない。束石にはウリンの茶色の色素が流れている。横木の取り付け方を考慮しながら柱位置を決め、穴開け。ボルトを付けた柱を立て、仮留、笠木をのせる。コーナーも合っていると思いながら固定してみると、1㎜程度の隙間が・・・取り付けた物はしょうがないと開き直り、横木の取り付けに移る。ひたすら「座掘り・ドリル・ビス固定」を嫁さんと交代で繰り返し、もう疲れた~・・・クロスの手摺りにすれば良かったかもと思ってみたり・・・ギブアップ寸前、17:30めでたく完成!笠木のコーナーにほんの少し隙間ができたり、手摺りの横木の取り付けビスが柱のセンターから微妙にずれていたりしたが、完成したウッドデッキは見栄えも質感もかなりハイレベルで、とても満足のいくものでした。苦労した手摺りの横木も美しく、道路からの目隠しになり、やっぱりこっちを選んで正解だと思いました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
わかりやすいマニュアルということもあり、スムーズに作業がすすんでいきました。仕上がりもとでも満足しています。新居にとてもいいウッドデッキができ、子供も大喜びしています。
キッデッキハード/ウリン H137 ●設置場所/東京都 Kさん宅
●組立時間/2人 3日
ウッドデッキが欲しくてネットで探していた所、中川木材さんにたどりつきました。購入前、不明点などをメールで送ると、丁寧な回答がすぐに送られてきて、これなら大丈夫だと思いました。製作にあたって1番大変だったのは、やはり基礎作りでした。基礎ができてからは、わかりやすいマニュアルということもあり、スムーズに作業がすすんでいきました。仕上がりもとでも満足しています。新居にとてもいいウッドデッキができ、子供も大喜びしています。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
組立マニュアル、部材やサイズごとの梱包も分かりやすく、材料の加工精度は非常に高く、出来映えも大変満足しており我が家の自慢のウッドデッキが完成しました。
キッデッキハード/ウリン H138 ●設置場所/ 設置場所/北海道 Iさん宅
●組立時間/ 基礎工事:1人1日  ウッドデッキ:1人2日
雨続きでなかなか良い写真が撮れず返事が遅くなってしまいましたがお盆休みに良い写真が撮れましたのでお送りします。工程ですが、事前に束石配置図をメールしていただき、基礎工事を行いました。丁張はレベルにて設置し深さを定め掘削。基礎砂利5㎝程度を転圧し束石を据付け、防草シートを敷設し、枕木にて囲い砂利を敷きました。レベルにて束石の高さを管理したつもりでしたが、やはり若干の誤差が生じデッキ発注の際は、9本の束すべての長さを調整しカットしていただき水平に完成しました。この基礎工事が最終的なデッキの水平や床板の直角等、仕上がりを左右する工事であり、一番重要な作業となり1日掛かりでした。デッキの組立ては非常に簡単であり、束と大引の金物による固定、床板の設置までは一連の流れ作業です。鼻隠しの取付けだけは一人では重く持てないため嫁の手を借りました。手摺りの設置は柱を割付けボルトにて固定、笠木を取付け横木を座堀、下穴、ビス打と連続作業の繰り返しです。週末の土日を利用しての組立て予定でしたが、7月の週末はあいにく雨ばかりで、2日間何度も雨宿りを強いられましたが無事完成しました。 最後に、北海道という遠距離にも関わらず、希望の到着日に快く対応していただきありがとうございました。また、組立マニュアル、部材やサイズごとの梱包も分かりやすく、材料の加工精度は非常に高く、出来映えも大変満足しており我が家の自慢のウッドデッキが完成しました

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
私のような素人でも何の問題もなく組み立てできると思います。床板も節のないきれいなもので揃えて頂いており、全体的には大変満足な仕上がりとなりました。リビングが広がったようで娘や妻にも気に入ってもらえたようです。
キッデッキハード/ウリン H139 "+++設置場所/大阪府 Iさん宅
●組立時間/1人×10時間くらい
みなさんの施工例の感想に同じく束のレベル合わせに一番苦労しました。コの字の坪庭なので両側の壁にタコ糸を張ってバッチリ計測していたつもりだったのですが、いざ束を配置してレベルを合わせると少しずつずれがありました。あらかじめ同梱頂いていたゴムシートでは厚すぎた部分はホームセンターに走って3mmシートを買い足してなんとか辻褄あわせました。床板の組み立てはマニュアルと試し打ちキット、スペーサ等の備品が揃っており何の問題もなく進みました。最後の鼻隠し取り付け時にウリン同士の接合で2箇所ほど床板にヒビを入れてしまいました。この部分でもう少し細かい注意点など記載があれば、私のような素人でも何の問題もなく組み立てできると思います。床板も節のないきれいなもので揃えて頂いており、全体的には大変満足な仕上がりとなりました。リビングが広がったようで娘や妻にも気に入ってもらえたようです。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
キット自体がしっかり作られているので、初心者でも使えるものができたのではないかと思います。
キッデッキハード/ウリン H140 ●設置場所/神奈川県 Tさん宅
●組立時間/30時間、1人   
日曜大工初挑戦だったので、少し時間がかかりましたが、なんとか完成しました。一番手前にコンクリートの犬走りが設置されており、奥と高さが違ったため、水平を出すのに一番苦労しましたが、その後は早かったです。束石は大きめの物を選んだ方が調整しやすくて良いと思いました。キット自体がしっかり作られているので、初心者でも使えるものができたのではないかと思います。夏休みはデッキにビニールプールを出して、子供達と楽しみました。作って良かったです。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
材質にしっとりと温かみを感じて肌触り(?)が気持ちいい
キッデッキハード/ウリン H141 "No. H141
●設置場所/福岡県 Tさん宅
●組立時間/10時間デッキキットが届く前にいただいていた見取り図で束石で配置し、水平を取りました。それだけで2時間ほどかかりました。他の方の感想で述べられているようにここが一番大変でした。キットの組み立てのほうは主人が1人で3日間かけて作業しました。時間にして8時間強だったのではないでしょうか。見ているだけの私からするとあっという間に、そして簡単に出来上がったな、という感想。本人はしばらく肩がおかしいと言ってました。インパクトドライバーでビスをうちつける片方の肩に力が下手に入りすぎたようです。材質にしっとりと温かみを感じで肌触り(?)が気持ちいいです。大満足しています。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
ウリン材を使用したメンテナンスフリーのものを選びました
キッデッキハード/ウリン H142 ●設置場所/徳島県 Oさん宅
●組立時間/約2日間 2人
事前に、貴社の資料を参考にウッドデッキの中からウリン材を使用したメンテナンスフリーのものを選びました。全体的に作業がうまく出来ました。神経を使ったのは犬走りの端が束の中心の位置になり束の取り付け作業に手間取りました。ただ1点特に気をつけないといけないのは、前鼻隠しを取り付ける際、床板数カ所ひび割れができました。床板の側も下穴を開けとくべきでなかったと思いました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
デッキの組み立て自体はわかりやすく、材木の質や色なども満足のいくものでした。
キッデッキハード/ウリン H143 ●設置場所/静岡県 Fさん宅
●組立時間/8時間/2人 
束石をきちんと設置するのに一番時間がかかりました。デッキの組み立て自体はわかりやすく、材木の質や色なども満足のいくものでした。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
簡単に組み立てることができました。予想以上にいいものでした。
キッデッキハード/ウリン H144 ●設置場所/兵庫県 Dさん宅
●組立時間/夫婦2人で作りました。組み立てのみだと実質1~2日で完成しました。基礎が大変でした。  
簡単に組み立てることができました。予想以上にいいものでした。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
設置後すぐ子供が走り周り楽しそうに遊んでいるのを見て、作って良かったと実感しました。
キッデッキハード/ウリン H145 ●設置場所/山梨県 Wさん宅
●組立時間/・ほぼ一人で製作 ・基礎部分2日 ・デッキ部分3日
土日を利用し基礎部分を作成しました。土を40cmほど掘って砕石タップリ及びコンクリートをタップリ入れ2日間で作成しました。一週間後にキットデッキが届いたので早速作成に入りました。午前中はビス打ち用の練習材で20回は打ち込んで感触をつかみ本番に入りました。練習で気付いたのですが、やはり噂通りウリンは固く後々練習しておいて良かったと感じました。午後になり大引きと束を固定し一日は終わってしまいました。二日目は床板を置いて固定したのですが、なにしろウリン材は重くて自分一人だと持ち上げられなく、さすがに嫁に手伝ってもらい何とか床板を設置できました。三日目は、手すりと縦横鼻を取り付け完成しました。設置後すぐ子供が走り周り楽しそうに遊んでいるのを見て、作って良かったと実感しました。私自身もデッキの上で飛び跳ね一緒に遊びました。大人が飛び跳ねても頑丈でビックリしています。今ではバーベキューや日光浴を家族で楽しんでいます。いろいろありがとうございました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
木材は重厚感(実際重い)があって、すばらしいですね。
キッデッキハード/ウリン H146 ●設置場所/神奈川県 Iさん宅
●組立時間/基礎7時間+組み立て6時間 計13時間
         1人(床板を置くのは妻と2人)
・基礎が大変ということが施工例でわかりましたので、木材が届く前に3日(計5時間)かけて少しずつやりました。(地面を多少掘り、砂利(計120kg)を敷く。束石(250×250×60)を設置)

・おおむね水平がとれていると思っていたら、木材が届いて大引を設置したら結構ガタガタで修正するのに2時間ほどかかりました。

・対角線距離を一致させたら、後はひたすら同じ作業の繰り返しで、6時間ほどかかりました。

・製作に難しいところはありませんでした。

・木材のたわみはありましたが、ネジ止めしたら気になるほどではなくなりました。 ・今日、製作しましたが、天気が良かったため、床板を置いた状態(ネジ止め前)で、デッキでランチにしました。ポカポカ陽気で気持ちよかったです。子供(3歳)は「テラスだね」と言っていました。

・半分は屋根(バルコニー下)あり、半分は屋根なしなので、晴天でも雨天でも楽しめそうです。これから暖かくなる春、休日のランチや花見が楽しみになりました。 また、木材は重厚感(実際重い)があって、すばらしいですね。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
作成者(私)より依頼者(妻)が大変気に入っています。当初人工木材を考えていましたが、やはりウリンにしてよかったです。
キッデッキハード/ウリン H147 ●設置場所/岐阜県 Oさん宅
●組立時間/現存物(立ち木等)の撤去 → 2日
        地ならし → 2日
        排水管の設置工事 → 2日
        屋外配線(コンセント等)の設置工事 → 3日
        組み立て → 3日
        オプション(フェンス・ベンチ)の設計施工 → 4日 
組み立てまでに時間が掛かりましたが、組み立ても慎重に作業したせいか、予定した以上に時間が掛かりました。   誤差1ミリ以下にしたかったので、穴あけも罫書き、ポンチ、センタードリル、下穴あけ、皿取りの工程をとりました。 入荷してからしばらく放置しておいたせいか、鼻隠しが1枚反っていたので反りの分ずれてしまいましたが、それ以外は誤差内で仕上がりました。 最近ウリンの樹液がだいぶとれたので、ステインを塗り完成しましたが、面倒くさがりの人には向かない材質と思いました。 また、手摺もウリンにしたかったのでオリジナルで作成しました。 作成者(私)より依頼者(妻)が大変気に入っています。当初人工木材を考えていましたが、やはりウリンにしてよかったです。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
作業途中で常に感じたのは、何と組みやすく、よくできたキットだろうということです。
キッデッキハード/ウリン H148 ●設置場所/大阪府 Dさん宅
●組立時間/11時間  
●購入まで
 2年前に建てた家に、ささやかながら庭のスペースを設けました。 新築当初は、砂利を敷いただけのスペースでしたが、少しずつ、少しずつ、花壇を作ったり、樹を植えたりして、充実した庭に向けて活動しています。この春の課題は、ウッドデッキです。  インターネットで探してみると、ウッドデッキのキットを出しているメーカーがいろいろある中、中川木材産業さんのものが、種類やサイズがいろいろあって我が家のニーズに合ってそう。たまたま、中川木材さんの事務所がうちの近所なので、家内と見学に行ってみました。  事務所には、各種ウッドデッキの展示スペースがあり、係員の方から、実物を見せてもらいながら、丁寧な説明を受けました。メインテナンスの面から「ハードタイプ」を薦められましたが、加工性と金額の面で、うーん。とりあえず、「Webタイプ」と「ハードタイプ」の両方で見積もりをお願いしました。  数日後、中川木材さんからe-mailで見積もりが来ました。家内とよく相談し、また、中川木材さんと何度もメールで相談して、やはりメインテナンス面を重視して、「ハードタイプ」で発注しました。
●1日目
 材料が到着してから、休みのたびに雨が降り、なかなか作業が始められません。やっと午後から晴れた休日があったので、作業を開始しました。  まずは、基礎工事です。所定の位置に束石を並べます。この、基礎工事が一番難しく、時間がかかります。きっちりと水平を取らないと、まともなものは出来上がらないので、気を遣います。水準器を使って、束石自身の水平も取り、かつ、すべての束石が同一水平面に無ければなりません。束石同士の間に大引を渡し、水準器で何度も水平を確かめ、工事します。6つの束石を設置するだけで、3時間かかりました。  プロの仕事だと、束石はモルタルで固定するのでしょうが、「後で調整が必要になりますよ」という中川木材さんのアドバイスに従って、地面を少し掘って載せるだけにしました。これは大正解で、早速、束と大引を乗せる段階で、水平を取り直すことに。水平に関しては、慎重の上にも慎重でなければなりません。  その後、束と大引を乗せて、金具で固定しました。ここはインパクトドライバーの出番です。工具さえあれば、この辺の作業は簡単に進みます。  ここで日没、終了。
●2日目
 休日と言っても、時間がフルには自由にならない悲しさ。でも、土曜日の午前中少しだけ時間があったので、床板の両端2枚を貼りました。所定の位置に置いて、対角線の長さを測ります。中川木材さんのマニュアルによると、2本の対角線が同じ長さであれば、直角が確保できているということ。なるほど。  時間がなかったのと、インパクトドライバーのバッテリーが切れてしまったので、この日はここまで。所要1時間。
●3日目
 翌日の日曜の夕方から、残りの床板を貼りました。予めバッテリーをフル充電しておくと、硬いウリン材でも気持ちよく作業できます(^^)。所要1時間。
●4日目
 休みのたびに雨が降るので、なかなか作業が進みません。  やっと晴れた日曜日、午後の時間を利用して、鼻隠しを取り付け。続いて、手摺り用の支柱を立てました。床板に12φの穴をあけるのに、うちの非力なインパクトドライバーで大丈夫かと心配でしたが、さすがに電動工具。満充電で挑めばOK。支柱にはあらかじめナットを差し込む穴が開けてあり、ここにガイドを利用してナットを差し込み、ねじを取り付けます。これを床板に開けた12φの穴に通し、床下からナットで締めます。4本の支柱を立てたら、笠木(手摺りのてっぺんの板)をビス止め。横板を下から順に取り付けていきます。このとき、床板と横板、また、横板同士の間隔を一定に保つために、高さ50mmのスペーサを挟みながら作業するのですが、結果は写真でごらんのように、ばっちり水平で等間隔です。スペーサさまさまです(^^)。  この日は横板を一面だけ取り付けたところで、バッテリー切れのため作業終了。所要2時間。
●5日目
 たまたま休みの火曜日、昨夜からの雨も朝には止み、昼前から作業開始。まずは残った一面の横板を取り付けます。所要1時間。ここで、昼食とバッテリーの充電をかねて一旦休憩。  あとは、ロングステップの設置です。まずは基礎工事(束石)から。これがまた、水平をとるのに手間と時間がかかります。基礎工事さえできれば、大引を乗せて、ステップ本体を乗せ、ビス止め。さらに前と左右に鼻隠しを取り付けて、完成まで一気呵成に進みました。所要3時間。  暖かくなったら、キャンプ用の椅子を持ち出して、花を眺めながらビールを飲みたいものです。
●総括
 作業途中で常に感じたのは、何と組みやすく、よくできたキットだろうということです。素人が組む以上、どれだけ注意しても誤差が出るのは避けられません。でも、ある段階で少々誤差が出ても(それが致命的なものでない限り)、次の段階でその誤差が引きずらないよう、うまく設計されています。おかげで、安心して組むことができました。  自分で組むことによって愛着もわき、また、将来のメインテナンスの際も、構造がわかっているので、やりやすいでしょう。よい買い物をしたと思います。  総所要時間は、基礎工事を含めて、のべ11時間でした。土木の技術があったり、木工の得意な方なら、もっと短時間で組むことができると思います。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
供もとても気に入り、家族全員大喜びです。(ご近所さんにも、カッコイイですねー。と言われました。^o^/)
キッデッキハード/ウリン H149
●設置場所/愛知県 Hさん宅
●組立時間/5時間/2人
今回初めてウッドデッキを設置しました。(間口4428mm/奥行き1150mm/高さ575mm…地面~床板上面)部分的にコンクリートブロックもあり、設置に不安を感じていましたが、 質問に対するスタッフの方の細やかな対応により安心して設置にのぞむことができました。重い木材(ウリン材)使用のため2人で作業しましたが、1人だとかなり大変だったと思います。全作業5時間のうち、基礎石、束柱、大引の設置に約4時間を費やしました。(束柱10本)やはり水平出しに手間取りました。あっちが立てばこっちが立たず。。。床板と鼻隠しは1時間程度で作業完了。 出来上がりを見て大満足です!子供もとても気に入り、家族全員大喜びです。(ご近所さんにも、カッコイイですねー。と言われました。^o^/)南向きのウッドデッキで、これから家族でいい時間が過ごせると思います。本当にありがとうございました。

ウッドデッキキット(ウリン)組立例
結構簡単にできました
キッデッキハード/ウリン H150
●設置場所/千葉県 Iさん宅
●組立時間/10時間/1人
結構簡単にできました。束石基礎の穴堀に一番時間がかかりましたが、水盛りで水平さえ出してしまえば束石を設置も簡単で、デッキ自体は半日程度で完成しました。出来映えも、ウリンの重厚感に大変満足しています。キットの内容は“必要な物すべてが入っているという感じで、本当にホームページで説明しているとおりインパクトドライバー(ドリルピットすらいらない)とメジャー、束石だけで作成できました(ただ、自分は歪みの調整用に1mm厚と2mm厚の硬質ゴムを2枚用意しましたが、本当にそれだけで十分でした。