ウッドデッキお客様生の声TOPに戻る
木材専用検索エンジン 木材情報検索pageへ ▲木材知識満載 ▲木材リンク
お問い合わせ  個人情報保護方針
本格的なハードウッド(ウリン)のデッキがキットタイプで登場!! ノーメンテナンスで超高耐久のウッドデッキ。

ウリンのウッドデッキの自作組立例

ウッドデッキ/kitdeckロゴ

キットデッキHard(ハード)シリーズ 材質:ウリン

完成したデッキは他のキットデッキ等に比べて重厚感があり満足

お客様の地区、場所 岐阜県 Nさん宅 
完成までの組立時間 1人/ L-26 基礎2日 組立て2日  S-14 基礎1日 組立て1日  
キットデッキハードのL-26(3303×2729、メインデッキ)とS-14(1803×1929、ステップ用)を7月末に購入しました。 メインデッキのほうは8月中に完成したのですが、夏の暑さに負けて残りのステップは涼しくなってからということに・・・。10月になって作業を再開し、ようやく全て完成した次第です。そのような訳でご報告が遅れてしまいました。 ステップ用として一番小さなS-14を購入したのですが、作成する際に仮組みして眺めてみると、大きすぎて見た目のバランスが悪いと感じました。そこで、床板7セット中4セットのみを使用して横張りとし、大引きと鼻隠しを切断してサイズを調整しました。現在、余った床板にウエスタンレッドシダー材を追加してガーデンテーブル&ベンチセットを製作中です。 御社のホームページに“手摺を設置する場合はのこぎりが必要”とあったので予め購入していたのですが、送られてきたセットは既にコーナー部分の斜めカットが施されていたため、使用する事はありませんでした。(結果的に、ステップの設計変更とテーブル&ベンチ作成の際に活躍する事になったので良かったのですが・・・。) 真夏の日差しの中での束石の設置には気が遠くなりましたが、完成したデッキはホームセンターで売られているものや他のキットデッキ等に比べて重厚感があり満足しています。また、手摺の横ストライプも他には見かけないデザインで気に入っています。
ウリンの話その5  (その1からその9まであります。各施工例下部に掲載しています)  
伐採した当時の心材の色は、適度に暗黄または赤褐色で、時々薄緑色を伴い外気にさらせば暗色から濃褐色に変る。心材と辺材の色の差は明らかで、辺材は淡黄色・黄色で日光にさらせば暗色・暗黄色に変り、心材は淡褐色~淡黄色、のちに濃赤褐色~暗褐色。木理は通直またはわずかに交錯し、一般に割裂しやすい、肌理は適度に細かくて光沢があり、かすかに芳香がある

この商品に必要な工具
1.インパクトドライバー 2.メジャー 3.水準器 の3つが必要です。