ウッドデッキお客様生の声TOPに戻る
木材専用検索エンジン 木材情報検索pageへ ▲木材知識満載 ▲木材リンク
お問い合わせ  個人情報保護方針
本格的なハードウッド(ウリン)のデッキがキットタイプで登場!! ノーメンテナンスで超高耐久のウッドデッキ。

ウッドデッキの組立例

ウッドデッキ/kitdeckロゴ

キットデッキHard(ハード)シリーズ 材質:ウリン

作る過程は楽しみでもあり、一気に作るのも良いがせっかく自分で....

お客様の地区、場所  愛知県 Mさん宅
完成までの組立時間  17時間
●一日目
水糸用杭打ち~水盛り遣り方 束石配置 慎重を期して念を入れ過ぎて 4時間も!大引位置合わせ、束石の水準再確認の上、束石周りにモルタル投入 これも念には念を入れて 4時間
●一夜明けて、外周束石に沿ってレンガを配置~内側に雑草止めとお化粧の為、砂利投入 2.5時間これでようやく基礎部を終了、いよいよ組み立てに進む。下穴明け、面取り等々の練習~下穴深さ、面取り深さの適切サイズを検証する。大引き組み立て~配置~床板を慎重に慎重を期して両端を配置固定~全床板張り付け 2.5時間。取り掛かりが遅かった為に暗くなり、本日はここまで。寝転がって星空を眺めしばし感慨にふける!
●一夜明けて、手すりの柱位置を何度も何度も検討を重ねて決定~横板張り付け~鼻隠し張り付け 4時間。ということでとうとう三日がかりで完成となった。 作る過程は楽しみでもあり、一気に作るのも良いがせっかく自分で組み立てるのであるから、時間があれば気が済むまでじっくりと楽しみながら作るのもこれまた楽しいものです。とにかくDIYはそれなりに心得はあるもののデッキ製作は初めてであり、且つ後悔の無いように完成させたいこと、更に位置関係、直角、水平出しも完璧を期したいということを念頭に置いて進めました。発注前には1ヶ月以上もサイズの検討や設置場所、高さなどを何度も何度も検討してそもそもの発注主でもある!?妻ともとも激論を重ね、ようやく意を決して発注。誰しも恐らく一生に一度ですからね。資材到着日に合わせて束石配置まで段取りしておき、スムーズに進める予定だったもののやはり初経験の工作物を失敗の無いように組み立て設置することから、とにかく再確認、再確認そして何も難しいことは無いもののウーム!?ちょっと待てよ、もう一度・・・と何度も何度も考え込み、慎重を期すことが多く予定以上の時間をかけてしまいました。更にウリンを使うことも初めてであり、どの程度手ごわいかの検証から始まり、(想像以上)手すりの組み立てではウリン同士であることの配慮が足りずに下穴不十分でビスが締め付け不十分のまま取れなくなるなどのアクシデントも発生するなど、色々と経験して良い勉強になったと感じています。それでも何とかリカバリしながら完成した時は感慨もひとしおといったところでした。基本的に一度要領を得てしまえば、基礎さえ確立していれば床板張りまでは簡単に組み立て出来ることはよく分かりました。手すりは長さにも依りますが、ここだけは切断も必要でありストライプのピッチアレンジも含めて或る程度技量が問われることとなります。結果としてやはり束石まで出来ていれば半分出来たと言って良いでしょう。そして基礎の地盤、水平、直角に依って出来不出来の殆どが決定すると言って良いはずですから、とことん時間をかけるべきと考えています。今回はキットデッキを選択したことでイメージ通りに完成し大変満足しています。ただ一つ残念なことは、床板が一セットだけ、返りがあまりにもひどく、どうしたものかと何度も考えましたが無理して何とか押さえ込み固定しました。しかし返りが大きいだけではなく捩れもひどいことからこの部分だけ、うんざりする仕上がりとなっています。ウリンであることから或る程度は覚悟していましたが許容範囲をかなり逸脱しているものと感じています。訪問して購入するとすれば当然、これは除外して買います。これに関してのみ期待を裏切られた気持ちです。(残念なご気分にさせてしまうことになり、申し訳ございません。その後床板を交換させていただきました。また、この件につきまして、後日M様より、「一言書き足しただけのことに付いて早速に丁重な対応をしていただき、やはり中川木材さんを選定して良かった!と・・・・」いう本当にうれしいメールを頂戴しました。)
基礎に少し手間をかけた証と、色々の角度から撮影したもの、家族の笑顔付き写真などを添付しておきます。ブロックを仮置きしているところには現在、オーストラリアのユーカリ中古枕木を2本使って階段を作ってあり、イメージ通りに仕上がり、毎夜一人で星を見ながらビールを飲むのが日課となっています。バーベキューも試してみましたが6人まで楽しめることを確認しました。 ( )内は中川木材産業担当者のコメントです。
ウリンの話その2  (その1からその9まであります。各施工例下部に掲載しています)  
雨により木材のアクが出ることがあります。ウリンをはじめ高耐久木材の多くは、天然含有するタンニン(ポリフェノールの一種)が雨水等により溶出することがあります。ウリンでは顕著にみられ、接触しているコンクリート部分に赤褐色のシミが付着します。 シミ自体はアルカリ性の台所用漂白剤により洗い流せますが、下地の状態により効果が出にくい場合や、漂白剤により下地を脱色してしまう場合があります。
あらかじめご了承願います。

この商品に必要な工具
1.インパクトドライバー 2.メジャー 3.水準器 の3つが必要です。