ウッドデッキお客様生の声TOPに戻る
木材専用検索エンジン 木材情報検索pageへ ▲木材知識満載 ▲木材リンク
お問い合わせ  個人情報保護方針
本格的なハードウッド(ウリン)のデッキがキットタイプで登場!! ノーメンテナンスで超高耐久のウッドデッキ。

ウッドデッキの組立例

ウッドデッキ/kitdeckロゴ

キットデッキHard(ハード)シリーズ 材質:ウリン

初心者の私でも見事完成させることができました


↑↑↑象が踏んでも壊れない!?<
お客様の地区、場所  長崎県 Tさん宅
完成までの組立時間  約3日(2人)
今回、義母宅の木製テラス屋根が老朽化に伴う撤去に合わせて、ウッドデッキの製作を計画しました。ウッドデッキの製作自体初めてなのと、設置場所が遠く正確な寸法が取得できない状況での製作となりました。<
第一日目は束石の設置(犬走り併用のため6箇所)ですが、水平と建屋に対しての直角を出すのが一苦労でしたが、何とかクリア。キットデッキは横方向の直線さえ意識すれば、縦方向はあまり気にしなくても良いので比較的楽でした。2日目からは、いよいよ束、大引の設置→床板パネルの固定→鼻隠しの固定と行程がありますが、組立マニュアルを見ながら比較的スムーズに作業を進めることができました。束、大引の設置はマニュアルでは、大引接合金物が同一方向から当てるようになっていましたが、気分的に気になるので真ん中の金物は逆方向(裏)から当てるようにしました。(金物強度からみて同一方向からでも問題は無いが)床板パネル固定にて、短い黒ビスを間違って使用し途中で入れ替える羽目になってしまいましたが、ビスの袋の表示をもう少し大きく判り易くしてもらえると有り難いのですが・・・(2人作業だとこんなことが起きやすいのかな)全体として、現地での改造が必要かなと思っていましたが、寸法的にも問題なく犬走り側の束柱を17mm短くするだけですみました。(ラッキー)天気も良く、図解入りの判り易いマニュアルのおかげでスムーズに、初心者の私でも見事完成させることができました。強度的にも、象が踏んでも壊れないほどです。(笑)かなり古い家で、ウッドデッキが目立ちすぎるのでは?と思いましたが、製作者の欲目で全然問題ない出来です。
ウリンの話その1  (その1からその9まであります。各施工例下部に掲載しています) 
非常に堅い木材で、一般にはノコギリで切ることは不可能です。また、他の木材のように簡単にインパクトドライバーでビスを打ち込むことはできません。 ビスは事前に下穴を開けておかなければなりません。下穴をあけた後、そこにビスをインパクトドライバーでねじ込むわけですが、慣れないとビスが折れてしまいます。 そのため当キットでは、練習用のセットを同梱していますので、事前に練習をしてください。 インパクトドライバーのビットはウリン用に最適なものを同梱しております。またビスは当社が開発したウリン専用の特殊ビスです。 

この商品に必要な工具
1.インパクトドライバー 2.メジャー 3.水準器 の3つが必要です。